分筆登記とは、登記簿上一筆の土地を分割して複数の土地に分ける登記のことです。

土地の単位は「筆」といい、1筆・2筆と数えます。土地を分けるので分筆と言います。

分筆登記

このような時に分筆登記をします

  • 土地の一部を売却したいとき
  • 土地を分割して贈与したいとき
  • 土地を相続人でわけるとき
  • 土地の一部に抵当権をつけるとき     など

確定測量が必要になります

分筆登記を行うには、分筆前の土地の境界が確定している事が前提となります。

分筆登記とは別に、確定測量を事前に行います。当該地の測量を行い、隣接土地所有者と境界について確認・承諾を得て、境界標の設置を行います。

料金の目安