現況測量とは現在の土地の状況をそのままの見た目の広さや位置で測量するものです。

確定測量と異なり、境界を確定するために隣接地所有者や市町村等の立会いのもと境界を確認して測量を行い、図面を作成していくのではなく、現況測量は現況のブロック塀やフェンスなどで囲われた範囲を測量していきます。

現況測量は現況をそのままの見た目の広さや位置で短期間で測量を行うため、境界についてはおよその推定で測量を行い、境界標が正しい位置に設置されているかの検証は基本的には行いません。

現況測量

現況測量はご自身の土地が大体どのくらいの広さか知りたい場合などに行いますが、隣地との境界を正確にはっきりさせたい場合は確定測量を行う必要があります。

よって、現況測量で算出した土地の寸法・面積と、境界確定測量で算出した土地の寸法・面積では数値が異なることがあります。

このように現況測量は隣接土地所有者・市町村等の立会がないため期間・費用は確定測量と比べて短く、安価にご提供できます。

現況測量をおこなうケース

  • 土地の売却にあたって、おおよその土地の面積を知りたいとき
  • 建物を建築するにあたって、おおよその土地の面積を知りたいとき
  • 相続の事前準備として、おおよその土地の面積を知りたいとき

料金の目安