建物表題登記とは、登記されていない建物について新規で行う登記のことです。

一般的には一戸建て住宅や店舗、アパート等を新築した際に申請する登記です。

人間でいうと生まれたときに届出る出生届をイメージするとわかりやすいかもしれません。

新築した建物には登記記録がないので、完成時にどのような建物であるかを登記します。

建物表題登記

このような時に建物表題登記をします

  • 一戸建ての住宅や店舗、アパートなどの建物を新築したとき
  • 未登記の建物を相続したときや、未登記の建物を購入したとき

建物表題登記は申請義務があります

建物表題登記は法律で申請が義務付けられています。

建物の所有権を取得した者は、その所有権の取得の日から一ヶ月以内に、建物表題登記をしなければなりません。

表題登記の申請を怠ったときは、10万円以下の過料が処されることに法律上なっています。

料金の目安