土地家屋調査士とは

不動産の表示に関する登記に必要な土地・家屋の現状を正確に調査・測量をする専門家が土地家屋調査士です。

まさに「土地の境界と不動産登記の専門家」です。

土地家屋調査士 ロゴ

土地家屋調査士は八士業です

土地家屋調査士は士業と呼ばれる職業の1つです。

士業とは、専門的な資格が必要な職業であり、「○○士」のように名称末尾に「士」の字を用いる職業(弁護士・税理士など)の俗称のことです。サムライ業と呼ばれることもあります。

士業のうち、住民票・戸籍などの請求権が認められている士業のことを「八士業」と呼ばれています。

これらの士業を八士業と呼びます。

弁護士、司法書士、弁理士、税理士、社会保険労務士、行政書士、土地家屋調査士、海事代理士

名称現行根拠法監督官庁
弁護士弁護士法なし・日本弁護士会連合会による自治
司法書士司法書士法法務省
弁理士弁理士法特許庁
税理士税理士法国税庁
社会保険労務士社会保険労務士法厚生労働省
行政書士行政書士法総務省(都道府県知事)
土地家屋調査士土地家屋調査士法法務省
海事代理士海事代理士法国土交通省
参照:Wikipedia 「士業」 ※設立年順

土地家屋調査士の業務内容

土地家屋調査士の仕事の内容は大きく分けて5つになります。

・不動産の表示に関する登記につき必要な土地又は家屋に関する調査及び測量をすること。

・不動産の表示に関する登記の申請手続について代理すること。

・不動産の表示に関する登記に関する審査請求の手続について代理すること。

・筆界特定の手続について代理すること。

・土地の筆界が明らかでないことを原因とする民事に関する紛争に係る民間紛争解決手続について代理すること。

しあわせのマイホーム~土地家屋調査士がお手伝いします~

土地家屋調査士 THE movie

土地家屋調査士制度広報用動画

土地家屋調査士がどのよう業務を行っているか、分かりづらい部分もあるかと思います。
土地家屋調査士が行っている業務の一部がわかる動画になっていますのでぜひ見てみてください。